ワーククォリティと予約順番待ち・・・1

ボディワイズのワークのクォリティについて他の治療院等と比べてみる必要はないとおもう。

必要なのが自分自身との戦いであり、その限りなき成長。

だから現在一人のワーク時間がHP上では2時間と発表しているが、ゆうに3時間を超えることがほとんどなのだ。それも休みなくワーカーは動き続けての密度の濃いワーク。

結局は自分でどうにか妥協なきワーククォリティの追求をするため。もちろんクライアントの方々についても、多くの他の施術院ではこれは治らないんだと言われたものがあっけなく解消されていくということも事実として多い。人のからだとは例えば50代のクライアントで、身体の不調が子供のときからという方の場合には、40年以上もの身体への負担が例えば筋膜の癒着という表現や運動神経や姿勢を正しくキープしていくことのできる神経などの能力を大きく減少させるなどのものを改善されていくことは、クライアントが考える以上に困難なケースも多い。

その困難に立ち向かうことは非常に多くのワーカーのクライアントに対しての観察力と柔軟で進歩的でフランクな考え方が必要です。そして現在の私のメインにしている筋膜解放テクニックは恐ろしいほどの体力を消耗させられます。その上で対応していくという、肉体的にも精神的にもかなりハードなもので、結果的にクライアントが10回のワークを終ったときに、初めてこちらにこられたときとの改善された姿を見て疲れも癒される次第です。

蛇足ですが、ワーカーの努力に見合うぶん、「ここまでしたのになんら改善がない!」というケースは、いままで私は経験したことがありません。

それゆえに予約順番待ちという制度で、一日に3名までというハイクォリティのワーク提供をできる体勢とさせて頂いています。