【大腰筋ウォーキング】の簡単な体験法

大腰筋ウォーキングを楽に再現する事は可能です。
一度『後ろ歩き』にチャレンジしてください。
体幹を垂直に立て後ろ歩きをします。
それでOKです。
すでに大腰筋が働いてます。

※筋膜の癒着量が多ければ体幹を垂直に立てられないのでうまくいきません。

[大腰筋ウォーキング・後歩き編の注意点]
後ろ向きに歩いたと自然に骨盤の動きを観察してください。
右足が後ろに引かれたら、同期して適量骨盤が回転します。
そして膝は曲がりません。

そしてこの後ろ歩きの感触をつかみ、
前に歩けば、大腰筋ウォーキングです。
ちなみに大腰筋ウォーキングがうまくできているとき、
前に向かって歩いている際も次の事を体感します。
『あなたは身体は前に進んでいる。だが後ろに向かって歩いている感覚しかない』

ワークで歩き方をお伝えするときに、
この体感があるかどうかを尋ねます。
残念ながら、すべての方がこの感触を持つ事ができません。
長い時間練習してわかってくると報告をいただく事もあります。
ですがダンサーや合理的な運動をされる方には容易にわかってくれる方が多いです。