保険の通販の採算はどうなっているのでしょう

外資系保険会社により、誰でも入れる保険が開発されました。
通販による簡易手続きと、高齢者も気軽に審査なしで入れる。
そのインパクトは、出始めのとき目を疑うほど強いものでした。
そして追うような形で、
日本の保険会社も同種のサービスを取り入れはじめました。

テレビCMで、各社競っています。
それを見て気になることがあります。

現在、日本は『少子高齢化』。
今後はより加速していくことでしょう。

それに伴い「産業衰退」、「人口減少」、
「景気低迷」、「所得減少」、「消費減少」。
ついには「経済縮小」という図式が予想できます。

たとえば三菱総合研究所所属の政策研究をなされている方が、
(「少子高齢化」の恐怖を読む)という本を記しています。
保険会社も、今回の通販保険の試算を
各総合研究所に依頼したことでしょう。

今後の日本を読めば、手厚い保護をうたった保険を無審査で行えば、
どうなるのでしょう。。。

一番初めにこの保険形態で営業をしたものは、
その利益試算ができてとりいれたのでしょう。
ですが後発ではじめた高齢者をターゲットにした保険会社は?
より会社側の厳しい条件で、サービス提供を約束します。

健康寿命が、近年日本でも後退傾向にあります。
ベッドのうえで介護を受けることが多いのです。
日本全体の医療費半数はそれら費用に充当します。
高齢者向けの保険とは、
健康な方向けよりも費用持ち出しのリスクが高いはず。

高齢化がより進んだ2020年以降のシナリオは?
高齢者が健康化していく楽観視もできません。

おそらく保障費用を保険会社が多く持ち出さなければなりません。
AAAの会社でしたら持ちこたえられるかもしれませんが、
それでもかなり厳しいもののはずではと思うのですが。

保険会社が無責任な集金目的で、
多くのCMを流しているとも思えないですし。。。
保険会社が社会的な役割を追求した結果、
生み出された商品なのでしょうか。

とても気になっています。
調べてみると「なるほど〜」という仕組みがあるのでしょうね。
そして矢田さんの「よーく考えよ〜。お金は大事だよ〜」のCMを、
すっきりとした気持ちで聞いてみたいです。^^1